ミニッツを始めた人に役立つ情報サイト | ミニはじ。

フロントワンウェイ ユニット の効果は?

URLをコピーする
URLをコピーしました!

左右の切り返しを楽にしたい

そんな思いから ミニッツ AWDフロントワンウェイ ユニット を導入しました。

京商 フロントワンウェイ MDW017

普段、ミニッツを走らせている場所はフローリングの狭い書斎。スペース的には1畳ありません。そんな狭い中で定常円旋回8の字走行で楽しんでいます。

現在の駆動系のセッティングは前後ともにデフロック仕様。狭い走行スペースにあわせ出来る限り小回りの効くセッティングにしています。しかし、8の字走行に限界を感じたのでセッティングを変更することにしました。

さて フロントワンウェイ ユニット の導入で走りはどう変化するのでしょうか。

この記事について

フロントワンウェイ ユニット の紹介

フロントワンウェイ ユニット セッティングパーツです。車体フロント部に装着されたデフユニットと交換して使用します。

小さなコーナでの前後駆動回転差を吸収しスムーズなコーナリングが可能。クイックなハンドリングを実現します。テクニカルなコース向き。

取扱説明書には上記のように記載があります。しかし構造的にどういった動きをするのかはハッキリとしません。webの情報では「フロントワンウェイはアクセルオフ時に前輪の駆動力がなくなる」「サイドブレーキを引いたような効果」とあります。

またフロントワンウェイには一般的に以下のようなメリットとデメリットがあるようです。

メリット
  • コーナーでの失速感が減り全体的にスピードが増す。
  • 浅い舵角でも曲がるようになる。
デメリット
  • ブレーキング時(またはアクセルオフ時)にスピンしやすくなる。
  • 操作が過敏になる。

私のように狭いスペースでの8の字走行を目指す場合は、ここに挙げられているデメリットがメリットになります。「スピンしやすくなる」ということは「ドリフトしやすくなる」ということ。しかも「常に」ではなく「ブレーキング時(またはアクセルオフ時)」に限定されるのでマシン自体がスピンしやすいわけではなく「曲げたいときに曲げることが出来る」という夢のようなセッティングパーツです。

MDW017 フロントワンウェイ ユニット for Mini-Z AWD

今回導入した フロントワンウェイ ユニット 京商製 品番MDW017 です。

手軽に入手可能な フロントワンウェイ ユニットとしては京商製品以外にもイーグル製があります。イーグル製は手頃な価格で魅力的ですが、製品精度が低く大きな音が出ます。初めてイーグル製 フロントワンウェイ ユニット の音を聴いたときは「マシンの調子が悪そうだな、どこかおかしいのかな?」と思ってしまいました。自宅で楽しむことの多い私としては音は小さいほうが良い。京商製も若干音が大きくなりますが気になる程ではありません。買うなら京商製の フロントワンウェイ ユニットがおすすめです。

取り付け

京商製MDW017 フロントワンウェイ ユニット は車体に組み込み済みのデフユニットと交換するだけ…ではありませんでした、組み立てが必要です。

難しくはありませんが、ネジは小さいので無くさないよう注意。ベアリングはもとのデフユニットから移植します。説明書をよく読んで組み立て、交換しましょう。

ミニッツ AWD フロントワンウェイ ユニット

注意

京商製 フロントワンウェイ ユニット を導入するにあたり少しだけ注意点があります。

No.MDW006 64チタンセンターシャフトと合わせて仕様し高速でフェンス等に接触すると、ユニバーサルスイングシャフトが分解・破損する恐れがありますので組み合わせて使用しないで下さい。

と、説明書に注意書きがあるので チタンセンターシャフト を使用している人は要注意です。また、音は少しだけ大きくなります。

インプレッション

走行テストはいつもどおりの場所で「フローリングの書斎」「1畳ないスペース」です。またマシンのセッティングは冒頭に記載したとおり前後ともにデフロック仕様。その他の仕様は以下の通りなので参考にしてください。

現在のセッティング

フロントリヤ
スプリングミディアムソフト
&ソフト
ミディアム
キャンバー角
トー角不明不明
デフデフロック(ここを変更)デフロック
タイヤドリフトドリフト
ホイールナローナロー
オフセット+0.5±3.5
トレッド幅59.5mm62.5mm
ホイールベースM(90mm) Vモーター ジャイロあり

私のマシンの細かな仕様は「ノーマルセッティングからの再構築」で確認ができます。

フロントワンウェイ ユニット を装着後、いつもどおりに定常円旋回や8の字走行を行いました。

大きな変化は感じられません。

次に、アクセルオフやブレーキを使いながら走行テスト。アクセルオフからハンドルを切るとクイッと曲がります。同様にブレーキングからハンドルを切るとさらに曲がります。これらは フロントワンウェイ ユニット 導入前にもあった挙動ですが、導入後は極端になります。

簡単に言うと「その場でクイッと曲がる」「サイドターンが出来る」ということになります。

ミニッツ AWD に フロントワンウェイ ユニット を導入するデメリットは今のところありません。単純に操作方法がひとつ増えたように感じています。

導入前はアクセルオンによる姿勢制御がメインでアクセルオフやブレーキを意識して使うことはありませんでした。フロントワンウェイ ユニット の効果を活かすには今まで使っていなかったブレーキングをマスターしなければなりません。慣れるまではしばらく時間が掛かりそうです。

あとがき

私のマシンに フロントワンウェイ ユニット を導入した結果は「マシンコントロールの幅が広がった」と感じるものでしたが、箱出しノーマルセッティングのミニッツ AWD に フロントワンウェイ ユニット を導入した場合は、操作が難しくなる気がします。

セッティングを詰めてマシンに「粘り」「コントロールする余裕」を持たせてから導入したほうが良いかもしれませんね。

そして フロントワンウェイ ユニット は導入しただけで効果を発揮するパーツではなく、使いこなすために練習が必要なパーツだと感じました。しばらくは練習の日々が続きそうです。

あぁ広いスペースで走らせたいw

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

いつもありがとう
URLをコピーする
URLをコピーしました!
この記事について
閉じる